蜑阪∈
谺。縺ク

離婚裁判で相手の弁護士の罠にはまらない

離婚裁判を担当する弁護士はそれぞれの依頼者からの話を聞けばある程度勝てるかどうかがわかるでしょう。
また親権などでは女性側が有利になることもあり、そのあたりも知った上で裁判の準備をしていきます。
離婚裁判を何度もしていて依頼者の有利な判決を引き出してきた弁護士は負けそうな裁判でも勝てるテクニックを持っています。
逆に本来なら勝てるはずの裁判だったのに相手の罠にすっかりはめられて負けてしまうこともあります。
裁判においては紙の資料を基に進められるものの実際に口頭での答弁も行われます。
テクニックのある弁護士はこちらの不利になるような発言を引き出そうと質問をしてくることがあり、安易にそれに答えるとそれが裁判官の心象に影響するときがあります。
いくら非がない内容でも答えるだけで印象を悪くする質問もあり、あまり良くないときなどは裁判官も注意することがあります。
事前に担当弁護士からこんな質問には答えなくていいなどを聞いているでしょうから、それに合わせて答える内容と答えない内容を決めておきましょう。

Page Top